油断大敵!?歯の美しさは第一印象を決める大切な要素です

歯のこと、気にしていますか?

歯のこと、普段から気にしていますか?虫歯があるかどうかや歯周病など、歯の健康に関しては気をつかっている人もたくさんいることでしょう。できれば、年齢を重ねても長く自分の歯で生活したいもの。そのためにも歯のメンテナンスは重要です。そういった将来のことを考慮して、30代から歯列矯正を始める人も増えてきています。歯並びが悪いと磨き残しができやすく、虫歯や歯周病の原因になります。整った歯並びは磨きやすく、日々の手入れが楽になるのです。

歯の見た目で印象が変わる!?

とても整った顔立ちの人でも、例えば前歯が欠けていたりするとちょっと印象が変わってきてしまいますね。歯の印象はとても大切です。また、顔のつくりなどと違って、歯は日常生活が影響する部分でもあります。そういったこともあり、歯がきれいだと好印象につながりやすいのです。見た目に影響するのは歯並びだけではありません。歯の色もそうですし治療痕なども気になります。では、そういった部分はどうやって美しくしたら良いのでしょうか。

審美歯科という分野があるんです!

虫歯の治療を行う一般歯科の他に、歯医者には審美歯科という分野があります。より美しい歯のための施術を行います。ホワイトニングなども審美歯科の一種です。歯の機能性ではなく、審美性の部分に手をいれていきます。歯の治療痕も、銀の詰め物は口を空けた拍子に目立ってしまうことがありますよね。そういった詰め物を歯の色に近い目立たないセラミックを利用するのも審美歯科の領分です。第一印象を左右する歯の美しさ。治療にもこだわっていきたいものですね。

歯の治療で、セラミックを被せ、目立たないようにする事が流行っています。しかし歯のセラミックの料金は自由診療となり、保険が適用されません。